人気ブログランキング |

古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

コルデコット賞 2009

d0137603_13445435.jpgアメリカで出版された絵本の中から最も優れた作品を描いたイラストレーターに贈られる賞、コルデコット賞を今年受賞した絵本が2冊、451ブックスに到着しました。

写真手前が、金賞の「The House in the Night(夜の家に)」(Susan Marie Swanson、Beth Krommes)、後ろがオナー賞の「A River of Word(言葉の河)」(Melissa Sweet)です。


d0137603_13454469.jpg「The House in the Night」は、マザーグースの詩から、Susan Marie Swansonが言葉を作り、Beth Krommesが描いた作品です。
シンプルでリズムのある言葉なので、口に出して読むと楽しそうです。

イラストは、木版画を思い起こさせるようなスクラッチ。
黒を基調に効果的に黄色が配置されています。


d0137603_1346244.jpg物語は、家の鍵を貰った女の子が、ベッドの上の絵本の中の世界から、鳥と一緒に飛び立って、美しい夜の街や空、星、月の世界を巡って、また家へ帰ってくるシンプルな作り。

そのシンプルな絵や言葉からたくさんの物語が聞こえてきます。


d0137603_1435670.jpg一転カラフルな「A River of Word」。
この絵本は、ウイリアム・カルロス・ウイリアムズという英語圏の現代詩に大きな影響を与えたアメリカの詩人の物語です。


d0137603_13492663.jpg古いノートや、手帖、辞書や書籍をコラージュで配置した上に、医師でもあった彼の生涯の出来事が楽しく描かれています。


d0137603_1350158.jpg子どもの頃、自然と親しんだウィリアムは、小川の横で、蝶や蜻蛉、緑に囲まれて言葉を紡いでいたようです。


d0137603_13503859.jpg次から次へと言葉を生み出す彼のそばには、言葉をさえずるような小鳥たちがいたのでしょうか。

日本では、ほとんど知られていない詩人の本。
この絵本を読むと、きっと彼のことが知りたくなって、彼の作品も読んでみたくなります。



どちらも451ブックス、リアル店舗にて置いています。
Commented by lintu at 2009-03-02 16:33
「A River of Word」かなり興味津々です。
あ~早くみたいな。詩人の絵本って、英語が詳しい人が
読んだら、絵+文章に魅了されそうですよね~
Commented by 451books at 2009-03-02 23:07
lintuさま
「A River of Word」、
英語が読めなくても、じゅうぶん楽しめる作りになっていますよ。
詩のことがわからなくても、
絵本として理解できる仕組みになっているので、
ぜひ読んでみてくださいね。
by 451books | 2009-02-26 22:12 | 絵本・児童書 | Comments(2)