古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

「えほんのこども」が来たら。

d0137603_22502097.jpg荒井良二の新作「えほんのこども」が、451ブックスにやってきました。

写真は、ハンガードアの看板を後ろにした赤い表紙、笑顔の可愛い「えほんのこども」です。

d0137603_22582558.jpg「えほんのこども」のカバーは表紙とは異なっていて、赤い「えほんのこども」を読んでいる大きな絵本が描かれています。
見返しも工夫があって、物語が始まる前からワクワクしてきます。

d0137603_23113118.jpg本文の文字も全て、荒井良二さんの手描きです。

リズムの良い言葉と共に、物語は進みます。

d0137603_23331859.jpgゾウを飲み込んだウワバミ?
赤い餃子?
帽子?

毎ページ、どんどん絵柄も変わっていきます。



d0137603_2334854.jpgよく見ると、居眠りしている絵本も。

絵本のあちこちに、進行する物語と平行して、たくさんの小さな物語が散りばめられています。


荒井良二の最高傑作と、451ブックスがオススメする「たいようオルガン」に匹敵するような「えほんのこども」。
端から端まで、手にとって読む楽しむたくさん詰まっている絵本です。
[PR]
Commented by つん at 2009-01-30 16:24 x
やったー!
この日が来ましたかっ!
「えほんのこども」がずっと欲しくて、でもきっと451にも来る日がくるはずだと勝手に予想して本屋さんで立ち読みだけして買わずに待ってましたよー。
ただ今、金欠中なのですぐに購入はできませんが、必ずや迎えに行きますので・・・
Commented by 451books at 2009-01-31 14:26
つんさま
立ち読みしてましたかー。
さすがにカバーは外して、遊んではいなかったですよね。
たぶん、売り切れることはないと思うので、
お財布が復活してからでも十分大丈夫ですよ。
by 451books | 2009-01-29 23:44 | 絵本・児童書 | Comments(2)