人気ブログランキング |

古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

これでいいのだ

d0137603_220755.jpg8月2日に赤塚不二夫が亡くなりました。
長らく意識のないまま病床にあり、451BOOKSでは開店当時から、ときおり話題にしつつ心配をしていました。覚悟はしていましたが、やはり残念としか言いようがありません。新しいギャグを読んでみたかったのは、僕だけではないでしょう。

作家の方が亡くなられると、本が売れるとも言われます。
451BOOKSも、店頭に並んでいた赤塚不二夫の本について問い合わせがあったのは、日頃から本棚をしっかり見てくれている人がいるのだなあと、不思議な感慨もあったりします。

写真の本は、赤塚不二夫対談集「バカは死んでもバカなのだ」。
ページを開くと△を頭につけた赤塚不二夫。この対談集は、酒で溺死した赤塚不二夫を偲んだ彼の友人たちと会話を納めたものです。
野坂昭如、立川談志、東海林さだお、嵐山光三郎、松尾貴史、所ジョージ、なぎら健壱、吉村作治、黒柳徹子、藤子不二雄A他の方々と大好きだったお酒を飲みながら、赤塚不二夫を偲んでいます。


d0137603_21592046.jpg一部の日本人の人格形成に、最も影響を与えただろう赤塚不二夫。「おそ松くん」も「天才バカボン」をはじめ、彼の作ったキャラクターやギャグ、流行語?を知らない人はいないことでしょう。

40年以上前、実家の正門の前での記念撮影で、当たり前のように「シェー」をしていた子供の写真で、彼にお悔やみを。
Commented by ゆみこ at 2008-08-19 09:15 x
店長さん、あまり変わっておられないような・・・?モノクロ写真と四隅の写真貼り付け用シールがレトロな感じです。私自身はシェー世代に微妙にひっかかってませんが、バカボンをテレビで見ていました。あの主題歌で、太陽は西から昇って東へ沈む、の逆だと覚えたものです。
 
漫画つながりで、ちょっとご案内。8月1日から10月30日まで大阪の国際児童文学館で、「手塚治虫と幼年漫画の歴史展」という展示があるようです。日本の幼年漫画のくくりのなかで、手塚治虫さんの漫画も幼年用のものが展示されるようです。
そういえば、こどものとも絵本原画展も、伊丹市立美術館で開催されていた模様です。堀内誠一さんの原画などもあったらしい・・・でも17日まででした・・・。loftでは子どもたちから熱狂的な支持を得ている(某小学校図書館司書談)「給食番長」のよしながこうたくさんの原画展も開催・・・されていました、17日まで・・・。
なにもかも、一歩遅い私。しかも、どれひとつ、見にいけてません。福山の荒井良二さん、真庭のコロボックルさん、行きたい絵本展は目白押しだというのに・・・。
Commented by 451books at 2008-08-20 00:43
ゆみこさん
いや〜、だいぶ変わってます。
バリバリのシェー世代ですが、僕も
「西から昇ったおひさまが〜♪」で、確認してました。

夏休みということもあって、絵本がらみの展示も多いですね。
福山、見逃せません。真庭、行けるかな。
奈良美智が登場する高松の企画展も。
国際児童文学館、がんばってほしいです。
Commented by kjm at 2008-08-22 20:56 x
やぁ、久し振り~。元気そうだね。『しぇ―』・・僕もしたけど^^、この写真はお正月の注連縄なの?すんごい門のある家に見えるんだけど・・店長さんって、もしかして『おぼっちゃま』だったんかなって?思いましたぞ。
(笑)
Commented by 451books at 2008-08-26 16:51
kjmさま
みんな「シェー」してましたよね。
教科書はニャロメとべしとケムンパスだらけでした。
実家の門は写真映りほどでない屋根付きの門でしたが、
戦後復興期のバブルの象徴だったみたいです。
「おぼっちゃま」扱いの記憶、あんまりありません。
by 451books | 2008-08-13 22:30 | 書店な日々 | Comments(4)