人気ブログランキング |

古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

ガソリンスタンドが輝いていた頃

国道53号線(岡山と鳥取を結ぶ主要道)を久しぶりに走ってみると、跨線橋を越える手前に吉野家が出来ていました。何があった場所だったかなと思うと、確か以前はガソリンスタンド。ちょっと残念な気持ちになったのは、密かにそのガソリンスタンドが気に入っていたからです。

d0137603_171868.jpgたぶん、1960年代に出来たコンクリート造の平屋建の建物で、給油所部分がバタフライ形の屋根、シンプルな構成が楽しい建物だったのです。10年ぐらい前に改装されて上屋がついてしまってたのですが、ついに全面的に取り壊されてしまったようでした。
利用されなければ無くなるというのは仕方のないことですが、60年代頃の建物がスクラップアンドビルドされてしまうのは何とも残念です。
※写真はアメリカのガソリンスタンド

d0137603_16572210.jpg今回紹介する本は、古き良きアメリカのガソリンスタンドをテーマにした本です。モータリゼーション発祥の地ということもあって、ロードサイドのガソリンスタンドはアメリカ独自の文化ともいえるのでしょう。ガソリンスタンドの黎明期から現在までが解説されています。

d0137603_172275.jpg典型的なガソリンスタンドのひとつ。高く上げられた給水タンクがらしいです。

d0137603_17359100.jpg飛行機の翼をそのまま屋根に使ったものや、UFOを模したスタンドも。ほとんどベンチューリの「ラスベガスから学ぶこと」のガソリンスタンド版です。

d0137603_1761781.jpg建物だけでなく、当時作られていたノベルティーも紹介されています。

d0137603_1773299.jpgフライトアテンダントのような写真ですが、たぶん、ガソリンスタンドの店員です。華やかなモータリゼーションの時代を思わせます。
写真や資料、イラストも豊富に掲載されてる127ページです。


451ブックス商品ページ → 「Pump and Circumstance(ガソリンスタンドが輝いていた頃)」
Commented by higurashia at 2008-02-24 09:58
国道53号線、23日に通り同じ店を見て、思い出して少し残念に思ったの
でした。同じ53号セン日本が、元気を出そうとしていた頃の建築が、無くなるのはね。
Commented by 451books at 2008-02-24 13:13
higurashiさま
元気だった日本(岡山?)の象徴だったかもしれませんね。
1度か2度、ガソリンを入れに行ったことがあって、
そのうち写真でも撮っておこうと思っていたのに、撮り損ねていました。
30〜50年ぐらい前の建物、無名でも良いものがたくさんあるのに
どんどん取り壊されていくのがとっても残念です。
by 451books | 2008-02-23 17:55 | アート・デザイン | Comments(2)