古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

おかあちゃんがつくったる

d0137603_2383447.jpg
同じ絵本が2冊?

長谷川義史さんの同じ絵が2枚並んでいるように見えますが、上と下、別々の絵本です。
よく見ると、お母さんの髪型が微妙に変わり、米櫃から炊飯ジャー、猫には子猫が・・・。
下の絵本から、上の絵本へ3年の年月が流れています。


d0137603_2374956.jpg
今回紹介する絵本は、長谷川義史の「おかあちゃんがつくったる」。
「てんごくのおとうちゃん」の3年後の話です。
小学3年の時に父親を亡くした長谷川さんの経験、今でも記憶しているお父さんの思い出を絵本にした作品でした。
一見おおらかに描かれているように見えるけど、背景や小さいところまで綿密に描かれ、裏表紙や見返しまでおとうちゃんへの思いがあふれていました。


d0137603_23252046.jpg
「おかあちゃんがつくったる」は、女手ひとつで子供たちを育てるおかあちゃんの話です。ミシンでなんでも作ってしまうおかあちゃん。ジーパンも体操服もカバンも作ってくれるけど、なんかヘン。
そんな不満を、おかあちゃんにぶつけてしまった義史くん。
父兄参観日に見たものは・・・。

今回は、かっこいいおかあちゃんに会える絵本です。


451ブックスの紹介ページ → 「おかあちゃんがつくったる
 
 
 
[PR]
by 451books | 2012-05-23 23:35 | 絵本・児童書 | Comments(0)