古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

北前船と桃岩荘

d0137603_8511683.jpg
岡山の写真家尾上太一さんの新作「島を愛す」が451ブックスにやってきました。
昨年出版された「北前船」と共に、モノクロ写真の美しさが引き立つ写真集です。

どちらの写真集も、収録されている写真は全てモノクロ写真。
お話しを聞くと、モノクロにも関わらず、マットブラックをくわえた三色印刷とのことで、普通の印刷では出ない肌理の細かさと階調の豊かさがあります。



d0137603_8515187.jpg
北前船は、江戸時代から明治時代にかけて、北陸以北の日本海沿岸諸港から関門海峡を経て瀬戸内海の大坂に向かう航路を行きかう船のこと。
その北前船の航路をたどって、港や海、建物、ゆかりのものを尾上さんが撮影しています。
また、写真の解説や、北前船の解説も充実した一冊。
当時の豊かな景色が甦ります。


d0137603_852159.jpg
ハンディタイプの判型にもかかわらず、写真の迫力におどろかされる「島を愛す」。
礼文島にある有名なユースホステル「桃岩荘」の記録です。
全てモノクロ写真であるが故、礼文島や、その自然、桃岩荘、囲炉裏、ギター、見送り、海、それぞれの景色が、存在感を持って拡がってきます。



「島を愛す」の出版を期に写真展が行われます。→ GALLERY GROSS & COFFEE
 451ブックスの紹介ページ 
   → 「北前船-鰊海道3000キロ」、「島を愛す-桃岩荘/わが青春のユースホステル
[PR]
by 451books | 2011-08-05 09:16 | 写真・映画 | Comments(0)