古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books
明日のRSKラジオ「朝です。全員起立!」に出演(8時半頃から)します。
今回のテーマは、pieni deuxで開催中の「本と珈琲と・・・」。
各作家さんのZINEや、451ブックスおすすめのリトルプレスの紹介を中心に、話をさせて頂く予定です。
写真は前回の出演後の様子です〜。
d0137603_22343924.png


RSKラジオ ツイッターより。  
  
  
  
[PR]
# by 451books | 2016-01-19 22:37 | 媒体・取材・マスコミ | Comments(0)

HAPPY NEW YEAR!

あけましておめでとうございます。
おかげさまで、昨年、451ブックスは10周年。
年賀状もたくさんありがとうございます。都合にて返信していませんが、これからもどうぞよろしくお願い致します。
d0137603_13242540.jpg


今年の予定〜変更の可能性があります。詳細は随時ご紹介します。

2/18(木)絵本講座「かいじゅうたちのいるところ」at CoMA
3/5(金)大人のための絵本講座 
  第1回マリー・ホール・エッツ「もりのなか」at CAFE Z
3/下旬(金)本を読む。考える。
  「杉原千畝の秘密(仮)」at pieni..

以下、イベント等の参加などを予定しています。
今年もどうぞよろしくお願い致します。 
  
  
  
  
[PR]
# by 451books | 2016-01-01 13:32 | 書店な日々 | Comments(0)
12/4(金)19:30〜は、
「本を読む、考える」at pieni..の第14回。

昭和8年(1933年)に発表された
谷崎潤一郎によるエッセイ「陰影礼賛(いんえいらいさん」
西洋とは異なる、日本建築における光と影を論じた彼の考察は、現代でも多くの示唆を与えてくれています。
日本の伝統における陰影について、時代と建築から改めて考えます。

d0137603_22415562.jpg


 教室名 本を読む。考える。 14
「陰影礼賛」から考える、建築の光と陰のこと。
 講師  451ブックス 根木慶太郎
 時間 12月4日(金)19:30〜21:30
 場所  pieni..(お申し込み先はこちら
   岡山市出石町1-8-1 1F
   tel: 086-231-6420
   開催数 全1回
   受講料 2,000円
   
   
   
[PR]
# by 451books | 2015-11-26 22:43 | イベント・教室 | Comments(0)
d0137603_153596.jpg
来週、11/13(金)の「大人のための絵本講座2015」第5回は、 「ポール・ガルドンのながくつをはいたねこ」をとりあげます。

ポール・ガルドンは、ハンガリーのブダペスト生まれ。
14才の時、家族とともにアメリカ、ニューヨークに渡り、イラストレーター、絵本作家として活動しました。
今回も彼の絵本を中心に、ペロー童話やグリムの世界を巡ります。

今年も最後の絵本講座。
クリスマスに向けてプレンゼントになる絵本や、今年1年話題になった絵本や、楽しい絵本をいろいろと紹介します。



      教室名 「大人のための絵本講座2015」
      会場・申込先  CAFE Z
      岡山市浜野2-1-35  
      TEL 086-263-8988(要予約)
      日時  11/13(金)19:00〜20:30
      受講料 1回1,600円(お茶とクッキー付)
   
   
   
   
[PR]
# by 451books | 2015-11-06 15:54 | イベント・教室 | Comments(0)
d0137603_13542850.jpg
今週、9/11(金)の「大人のための絵本講座2015」第4回は、ワンダ・ガアグの 「へんなどうつぶ」をとりあげます。

今から86年前、ニューヨークで出版された「へんなどうつぶ」。
世界恐慌の年、日本は昭和4年。満州事変も控え、太平洋戦争への布石が敷かれ始めていた頃でした。
印刷技術も絵本への理解もまだ少ない頃、モノクロで印刷された彼女の絵本は大きな驚きをもたらし、のちの絵本作家に大きな影響を与えました。

 ワンダ・ガアグ53年の生涯を辿りながら、絵本の秘密を探ります。




      教室名 「大人のための絵本講座2015」
      会場・申込先  CAFE Z
      岡山市浜野2-1-35  
      TEL 086-263-8988(要予約)
      日時  9/11(金)19:00〜20:30
      受講料 1回1,600円(お茶とクッキー付)
   
   
   
   

   
[PR]
# by 451books | 2015-09-07 14:09 | イベント・教室 | Comments(0)
8/28(金)19:30〜は、
「本を読む、考える」at pieni..の第13回。

今回の教室は、松竹伸幸さんの「13歳からの領土問題」と、14歳の世渡り術「世界を平和にするためのささやかな提案」をテキストに、領土問題と平和、本当に大切なことについて考えます。
d0137603_13401161.jpg


国境とは何で、どうやって決まるか。
世界各地で起きる領土問題。声高に主張される自国こそが正しいという主張が飛び交うなか、何を基準に、何を目的に考えるべきなのか。

紛争や、テロ、今もなお悲劇のやまない世界を平和にするために、僕たちに何が出来るのか。
係争中の事例や解決した事例から、領土問題と本当に守るべきものを考えます。


 教室名 本を読む。考える。 13
 「13歳からの領土問題」から考える本当に大切なこと。
 講師  451ブックス 根木慶太郎
 時間 8月28日(金)19:30〜21:30
 場所  pieni..(お申し込み先はこちら
   岡山市出石町1-8-1 1F
   tel: 086-231-6420
   開催数 全1回
   受講料 2,000円
   
   
   
[PR]
# by 451books | 2015-08-18 13:49 | イベント・教室 | Comments(0)
テレビや新聞、ネットニュースなど、マスコミでトップニュースのように取り上げられ、SNSなどで頻繁に拡散されている最近の話題。
明日(2015年7月16日)には、安藤忠雄の記者会見が行われる。

d0137603_20161190.jpg

写真で紹介している本は、安藤忠雄の「家 1969→96」、インタビュー集「ザハ・ハディッドは語る」、作品集「ZAHA HADID」。

建設費が3000億円にも膨張し、税金の無駄、今後の維持費にも大きな疑問が浮かび、2人に責任追及が始まっている。
もちろん、コンペの実施における不正が2人の主謀よって行われたのであれば当然かもしれない。
しかし、今回の公共設計競技(コンペ)の結果と、その後の経緯の責任が2人によるものとするのは、あまりにも稚拙な推理(責任追及)と思う。

また、建築家として実績もあり、彼らでなければ作ることの出来なかった建築があることを、まったく無視した報道や推理をとても残念に思う。
デザインや仕組みを考える人間や思いを軽視することは、僕にとっては認めがたい。

巨大で豪勢な建物を求めたのは、募集要項を作った人間(組織)であって、今回の巨大な予算はその組織が負うべきもののはず。
東京都民の大多数が支持した東京オリンピックの是非の問題であるし、今のSNSなどの意見からすれば、収容人数も、機能も、敷地も、競技場の新規建設自体も間違っている。
2016年の東京誘致の際(決まったのはリオデジャネイロ)には、工費を下げる工夫も少しはあったはずなのに、ここまで費用のかかる計画になったのはなぜなのか。
2人の責任にするのが簡単なのかもしないが、違うと思う。

安藤忠雄には、すい臓、脾臓がありません(全摘)。それが意味することから残りの時間、彼に建築に専念する時間をより多く与えて上げたいと僕は思う。
[PR]
# by 451books | 2015-07-15 20:35 | 書店な日々 | Comments(3)
d0137603_1954528.jpg


今週、7/10(金)の「大人のための絵本講座2015」第3回は、
バーナディット・ワッツ とロベルト・インノチェンティの
 「赤ずきん」と「ガール・イン・レッド」をとりあげます。

中世のヨーロッパから語り継がれてきた「赤ずきん」
現在に至るまでいろんな「赤ずきん」が描かれてきましたが、
ふたりの「赤ずきん」を中心に、ペローの時代からの足取りをなぞり、
絵本の中に生きる物語の秘密を探ります。


      教室名 「大人のための絵本講座2015
      会場・申込先  CAFE Z
      岡山市浜野2-1-35  
      TEL 086-263-8988(要予約)
      日時  7/10(金)19:00〜20:30
      受講料 1回1,600円(お茶とクッキー付)
   
   
   
   
[PR]
# by 451books | 2015-07-05 20:00 | イベント・教室 | Comments(2)
d0137603_1258392.jpg6/26(金)19:30〜は、
「本を読む、考える」at pieni..の第12回。

今回の教室は、新井紀子さんの「ハッピーになれる算数」と「生き抜くための数学入門」をきっかけに、本と数学の世界をさまよいます。

「数学」と聞いただけでつい視線が宙に泳ぐ人。学校で習った「算数」が役に立たないと思っている人。

算数と数学をわかりやすく取り上げた本を読みながら、
四則計算にはじまって、分数、平方根、確率、微分積分などを手掛かりに
暮らしの中にある数学的な事象について、あらためて考えていきます。

確率の問題で、アイデンティティの崩壊を起こしている羊ともに、本と数学のたのしさについて考えます。


 教室名 本を読む。考える。 12
    「ハッピーになれる算数」から「生き抜くための数学入門」まで。
 講師  451ブックス 根木慶太郎
 時間 6月26日(金)19:30〜21:30
 場所  pieni..(お申し込み先はこちら
   岡山市出石町1-8-1 1F
   tel: 086-231-6420
   開催数 全1回
   受講料 2,000円
   
   
   
   
   
.
[PR]
# by 451books | 2015-06-17 13:00 | イベント・教室 | Comments(0)
d0137603_10584869.jpg
埼玉県在住のイラストレーター
「みやしたゆみ」さんのプライベートレーベルyohaku booksより出版された
200部限定のリトルプレス。

「yohaku to hibi to フユビヨリ」

ひとつひとつシリアルナンバーも手書きで記入されています。



d0137603_10204979.jpg
ソトコトで連載中の「リトルプレスから始まる旅」で、今回とりあげました。

質感のある表紙の紙に凹んだタイトル文字。
記事では、紙面と、モノとしても魅力を紹介しています。



d0137603_10211092.jpg
 今月号の特集は「地方で起業するローカルベンチャー」。
 ローカルベンチャー発祥の地として
 岡山県北、西粟倉村が登場しています。

 「yohaku to hibi to フユビヨリ」 みやしたゆみ

 「ソトコト 2015年7月号」 ソトコト編集部


    
 
 
[PR]
# by 451books | 2015-06-04 10:38 | 媒体・取材・マスコミ | Comments(0)