古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0137603_21192430.jpg
6月29日(金)は、本の旅「チャペックと旅するプラハ」をpieni..にて行います。
地図と本を見ながら、作品と作家の生涯を辿る本の旅。

ニューヨーク、パリ、ロンドン、ベルリン、モロッコ、リオデジャネイロ、イーハトーブ等々、いろんな所へ行って来ましたが、最後の旅は、チェコ、プラハです。



 d0137603_21184645.jpgチェコの国民的作家カレル・チャペックは、ロボットの名付け親としても、犬のダーシェンカの作者としても有名ですが、ヨーロッパ各地を旅して書いたエッセイも魅力的です。

今回は、チャペックゆかりのプラハから、彼のロボットと山椒魚とダーシェンカと共に、ヨーロッパ各地を旅します。



 教室名 本の旅「 チャペックと旅するプラハ」
 講師  451ブックス 根木慶太郎
 時間 6月29日(金)19:00〜21:00
 場所  pieni..(お申し込み先はこちら
   岡山市出石町1-8-1 1F tel: 086-231-6420
   開催数 全1回
   受講料 2,300円
[PR]
by 451books | 2012-06-20 22:12 | イベント・教室 | Comments(0)
d0137603_1023686.jpg



  レイ・ブラッドベリが6月5日夜(現地時間)、ロサンゼルスで亡くなりました。
  91歳、アメリカの現代文学を象徴する巨匠の一人でした。


d0137603_103412.jpg
451ブックスは、彼の代表作の一つ、「華氏451度(Fahrenheit 451)」から名前をもらっています。
本なしでは生きていけない活字中毒者の僕にとって大切な作品。SF作家と言われる彼ですが、実は唯一の SF作品です。
テレビやラジオから流れることだけを信じるように操作されている世界、本を読み、考えることを禁止された世界。本が見つけられは燃やされ、本がなくなりつつある世界。ブラッドベリが「華氏451度」で描いた世界は、今の日本そのもののようです。

ブラッドベリとは遠く離れた日本語圏にある451ブックスですが、主人公モンターグのように、大切な本を伝えていく役割を担えたらと思っています。
 
 
 
[PR]
by 451books | 2012-06-07 10:51 | 書店な日々 | Comments(4)