古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

<   2012年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

d0137603_2383447.jpg
同じ絵本が2冊?

長谷川義史さんの同じ絵が2枚並んでいるように見えますが、上と下、別々の絵本です。
よく見ると、お母さんの髪型が微妙に変わり、米櫃から炊飯ジャー、猫には子猫が・・・。
下の絵本から、上の絵本へ3年の年月が流れています。


d0137603_2374956.jpg
今回紹介する絵本は、長谷川義史の「おかあちゃんがつくったる」。
「てんごくのおとうちゃん」の3年後の話です。
小学3年の時に父親を亡くした長谷川さんの経験、今でも記憶しているお父さんの思い出を絵本にした作品でした。
一見おおらかに描かれているように見えるけど、背景や小さいところまで綿密に描かれ、裏表紙や見返しまでおとうちゃんへの思いがあふれていました。


d0137603_23252046.jpg
「おかあちゃんがつくったる」は、女手ひとつで子供たちを育てるおかあちゃんの話です。ミシンでなんでも作ってしまうおかあちゃん。ジーパンも体操服もカバンも作ってくれるけど、なんかヘン。
そんな不満を、おかあちゃんにぶつけてしまった義史くん。
父兄参観日に見たものは・・・。

今回は、かっこいいおかあちゃんに会える絵本です。


451ブックスの紹介ページ → 「おかあちゃんがつくったる
 
 
 
[PR]
by 451books | 2012-05-23 23:35 | 絵本・児童書 | Comments(0)
d0137603_16343458.jpg

モーリス・センダックが昨日(5/8に)亡くなりました。
83才、脳卒中による合併症のためアメリカ コネティカット州で死去。

彼は、絵本が大人こそが楽しめるものであることを教えてくれた恩師であり、教科書でした。
「かいじゅうたちのいるところ」、「まよなかのだいどころ」、「まどのそとのそのまたむこう」の3部作や、「ちいさなちいさなえほんばこ」、「そんなときなんていう?」、「あなはほるもの おっこちるとこ」、「ふふふんへへへんぽん!」等々、数しれない素敵な絵本を生み出してくれました。

絵本に孤独や、恐怖を持込み、かつ楽しく、奥深い世界を見せてくれた彼の作品。
永遠の子どもであり、緻密な構成と、マイノリティへの思いやりを持つ彼。
時代や、テーマに合わせて柔軟に変わっていったタッチや、絵と物語。

僕が書いた「深読み〜」の真偽を確かめる機会はもうありませんが、これからも彼の絵本の楽しさを少しでも伝えていければと思っています。

これから出版される、彼の最後の作品や、日本では未訳の作品もまだまだあります。
彼はきっともう少し、そしてずっと、僕らを楽しませてくれると思っています。
 
 
 
[PR]
by 451books | 2012-05-09 17:00 | 書店な日々 | Comments(0)
d0137603_1331830.jpg
 来週5/11(金)の「大人のための絵本講座2012」第2回は、シシリー・メアリー・バーカーの「フラワー・フェアリーズ」をを取り上げます。

花のような衣装を身につけた子どもの妖精たちが、花の中でいきいきとした表情や仕草をみせる、彼女の作品の秘密を探ります。



d0137603_133026.jpg
詩に添えられた挿絵のように質素で静かな作品から、
今あらためて注目されている、カラフルで楽しい作品まで、飛び出す絵本を含めて紹介します。




d0137603_13302885.jpg
「大人のための絵本講座2012」は、単発での参加も可能です。
 お申し込みは、CAFE Zにて承っています。


   会場・申込先  CAFE Z
   岡山市浜野2-1-35  
   TEL 086-263-8988(要予約)
   日時  5/11(金)19:00〜20:30
   受講料 1回1,500円(お茶とクッキー付)







 
 
 
 
 
[PR]
by 451books | 2012-05-05 13:40 | イベント・教室 | Comments(0)

ソトコト6月号

d0137603_1021632.jpg
ソトコト6月号が発売になりました。

今回の特集は「日本の健康旅」。
熊野古道、沖縄竹富島、信越トレイルを旅する特集です。



d0137603_1024941.jpg
無事、連載2回目を迎えた「リトルプレスから始まる旅」は、「こけし時代」を取り上げました。

こけし工人・磯川盛雄さんの笑顔とこけし棚を前面にだして、オススメしてます。
編集部から一言は、沼田元氣さんが登場!
ありがたいです。



d0137603_1031334.jpg
ソトコト6月号の特別企画は「原発で傷ついた国ベラルーシへ」。

紙面だけでなく、現地に行って、空気を感じ、人と会って来るソトコトの姿勢がかっこいい企画です。
25年先の日本を見ることが、今しなくてはいけないことを感じさせてくれます。



451ブックスの紹介ページ → ソトコト6月号
[PR]
by 451books | 2012-05-02 10:18 | 媒体・取材・マスコミ | Comments(0)