古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

<   2012年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

d0137603_1029149.jpg
1995年に776部限定で発行された、エドワード・ゴーリーのタロットカードが復刻再版されました。
タロットカードといってもゴーリーがつくるもの、彼の世界がそのままカードになっています。

「The Fantod Pack」と名付けられたカードたち。
Fantodの意味は、いらいらした(落ち着かない)状態のこと。
このカードで占うと、どうやらそんな気持ちになるらしい。



d0137603_10293095.jpg
特製の紙箱(約8cm×13.5cm×1.9cm)に20枚のカード(6.3cm×12cm)が入って、解説書(英語)が付属しています。
すべてゴーリー作のモノクロのイラストが描かれ、カードの名前もつけられています。

タロットカードは、本来78枚ですが、ゴーリーのカードは20枚。
解説書には、彼のカードの遊び方が書かれています。




d0137603_10295650.jpg
まず、十時に並べます。
いちまいいちまい捲っていく訳ですが、
それぞれの場所が、
過去や周りの世界、内なるもの、現在を表し、
下のカードが未来を示しています。



d0137603_10302225.jpg
解説書にそれぞれのカードの意味が書かれています。
解説してくれてるのは、Madame Groeda Weyrdさん。
よく見ると、Edward Goreyの並べ替え(アナグラム)です。

その意味は、忍び寄る欠陥、ものもらい、若さの喪失、憤慨、執着、脱毛症、妨害、誤算、等々、悲惨で絶望的な言葉ばかり。
何を占うものか、さて、ゴーリーの世界です。



d0137603_1030469.jpg
今回、英語版のため、
451ブックスで、翻訳の手引きを作りました。
簡単な占い方と、それぞれのカードの意味を説明しています。

カードと同じサイズに折り畳んだ1枚もの。紙箱にそのまま入ります。
ゴーリーの世界を楽しむ手助けになればと、ご購入の方にお付けしています。

451ブックスの紹介ページ →
   「The Fantod Pack
[PR]
by 451books | 2012-01-07 11:15 | 絵本・児童書 | Comments(0)

2012年、最初の教室から


d0137603_229178.png

新年あけましておめでとうございます。
本年も451ブックスをよろしくお願いいたします。
 
 


d0137603_22124465.jpg
 今年最初の教室は、
 岡田よしたかさんの展示にあわせて行います。

 !/20(金)19:00〜
 「大人のための絵本講座」番外編 at CAFE Z
 ナンセンス絵本大集合!
 ¥1,500(お茶付き)要予約

 岡田よしたか先生による
 紙芝居とライブもあります。

 !/18(金)19:00〜
 !/28(土)17:00〜
 「岡田よしたか先生おはなし会」
   at CAFE Z
 紙芝居とミニライブ・・・!?
 ¥1,500(お茶付き)要予約



3月にも教室を予定しています。

3/2(金)19:00〜
「大人のための絵本講座」
   at CAFE Z

3/29(木)19:00〜
「本の旅11」 at pieni..
・点子ちゃんと旅するベルリン、ドイツ

詳細は追って告知します。
今年も、よろしくお願いいたします。
 
 
[PR]
by 451books | 2012-01-01 22:28 | 書店な日々 | Comments(0)