古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドアノーの写真集

d0137603_163614100.jpgパリの人々と風景を切り取った写真家、ロベール・ドアノーは、「パリ市庁舎前のキス」、「ピカソのパン」でよく知られています(きっと一度は目にされているはず)が、彼の撮ったパリの子どもたちも、とても魅力的です。

写真の表紙のが異なる2冊は、彼の「LES DOIGTS PLEINS D’ENCRE(インクにまみれた指)」。日本語版と仏語版ですが、中身の写真やレイアウトは同じです。


d0137603_1725429.jpg50〜60年代のパリ、ドアノーの学校や空き地で遊ぶ子どもたちの写真に、カヴァンナが文を綴っている写真集です。
教室の風景では、Fabrique 451でもおなじみ、赤毛のアンでも有名なエピソードな、黒板も登場しています。

d0137603_17442443.jpgd0137603_17453792.jpg


d0137603_1738073.jpgドアノーの写真集も他の写真集と同じように、ほとんどのものが絶版です。

今回、451ブックスに届いた2冊も1989年、1994年、に出版されたもの。
少しキズやスレ、ヤケがありますが、今の写真に失われたものが存在する写真集です。
[PR]
by 451books | 2008-10-25 17:46 | 写真・映画 | Comments(4)
d0137603_1011580.jpg10月の「えほん探検きょうしつ」は、アメリカの絵本作家、ドクター・スースとその仲間たちの
「あたまのうえにりんががいくつ?」を取り上げます。

アメリカの子供のいる家庭には必ず1冊、
といわず何冊もあるドクター・スースの絵本。

子どもたちの本に、
教訓とか躾けを求める人たちにとっては、
ほとんど無意味に感じてしまう絵本の数々。

言葉遊びと、カラフルな色々、
見たこともないような動物たちにあふれる、
破天荒に楽しい彼らの絵本を、
今回は取り上げます。



  第7回 えほん探検きょうしつ
  10月10日(金)24日(金)
  「あたまのうえにスースがいくつ?」
  ドクター・スースと仲間たち「あたまのうえにりんごがいくつ?」
  19:00〜20:30、お茶、クッキー付き。
  会場・申込先 CAFE Z 岡山市浜野2-1-35 tel 086-263-8988まで
[PR]
by 451books | 2008-10-03 10:34 | イベント・教室 | Comments(2)

「本の旅 2」 at pieni..

d0137603_209852.jpg10〜12月の第3木曜日、教室「本の旅2」を行います。
今回も、本と地図を片手に、時空を超えた空想の旅に出る予定です。

場所  pieni..ecole+cafe
 TEL086-231-6420 岡山市出石町1-8-1 1F
開催数 全3回(10月〜12月)
時間  19:00〜21:00
受講料 1回2,300円(3回一括6,000円)
定員  1〜8名程度


書物の中の広大で奥深い世界の中への旅へ。
本を囲んで、作家の生涯と作品について451ブックス店主が案内します。

第1回 アリスの世界(10/16)
    ルイス・キャロルのオックスフォードと、イギリスの街をアリスと歩く。
第2回 サンペのパリ(11/20)
    フランスのエスプリと、パリの人々と生活を描いたサンペの世界。
第3回 ブラッドベリと451(12/18)
    抒情詩人ブラッドベリと共に、近未来の焚書を描いた451から火星の旅へ。
[PR]
by 451books | 2008-10-02 20:18 | イベント・教室 | Comments(2)

「本の本の本」展 at CoMA

d0137603_16433724.jpg


「海と魚と本の世界」展 at CoMA、無事終了いたしました。
今回もたくさんの方に足を運んでいただいて、とても感謝しています。

かわって「本の本の本」展を10月より、開催いたします。

雑誌のレイアウトを集めた本、本を食べちゃう子供のお話、物質としての本のモノクロ写真集、装丁に絡んだエッセイ、解説本、ある彫刻家がクリスマスに伴侶にプレゼントした本、等々です。

秋らしくなってきたCoMAの時間に、お茶と一緒に楽しんでいただけたら幸せです。
[PR]
by 451books | 2008-10-01 17:25 | イベント・教室 | Comments(4)