古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

<   2008年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ゴーリーとニューヨーク

d0137603_1531487.jpg
1週間後の水曜日(5/28)夜は、pieni..(ピエニ)にて、第2回「本の旅」講座を行います。
今回のタイトルは、「ゴーリーのニューヨーク」。

大のオペラ好きだったエドワード・ゴーリーは、その活動期間の多くをニューヨークで過ごしていました。
既に亡くなって8年が過ぎますが、此処日本でも、未だ新刊が毎年のように刊行されるほど、アメリカでも日本でもファンの多い作家です。


d0137603_15313649.jpgニューヨークの書店を活動の基にしていた彼は、意外と気さくな人物でしたが、その目立つ格好で、多くの人に存在を知らしめていたようです。

今回の「本の旅」は、そんなゴーリーと共にニューヨークを旅します。




講師  451ブックス 根木慶太郎
開講  第4水曜日 19:00(120分)〜
受講料 2,300(1回)
申込先・会場 
    pieni..(ピエニ)岡山市出石町1-8-1
    TEL,FAX 086-231-6420
[PR]
by 451books | 2008-05-21 16:32 | イベント・教室 | Comments(4)

NEW TITLE

d0137603_12264239.jpgつき山いくよさんの「NEW TITLE」は、彼女のメールのタイトルと作品をコラージュした小冊子です。
写真は、その厚みが3倍ほどになって、表紙も少しデコレーションされた「NEW TITLE」。

d0137603_12415483.jpgこちらの写真は、オリジナル「NEW TITLE」の1ページ。つき山いくよさんのテキスト、イラストが空白を生かして自由にレイアウトされています。

d0137603_13124827.jpg数ヶ月前に、YURIちゃん、SEIKOちゃんからまとめて注文を頂いたとき、「何故?」という疑問に、写真やイラストを貼って友達に渡すとお聞きしたので、完成したらぜひ持ってきて見せて欲しいとお願いしていました。

今回、約束を覚えてくれていたSEIKOちゃんが、プレゼント前に持ってきてくれたのです。

d0137603_13192969.jpg
見開きには、HAPPY BIRHDAY!がキャンドルなどでデコレーションされて、さっそく書かれてあります。
写真のページには、テキストにあわせて巧に切ったコラージュやイラストが貼られてています。

d0137603_13355894.jpgサラ・ファネリの絵本を見ながら話しをさせていただいたり、原稿用紙もつかってのコラージュも。

d0137603_13371552.jpg友達の写真や、肩たたき券まで。縦書きテキストには、横書きに文字が追加されてます。肩たたき券をめくって仕掛け付き。

d0137603_13381883.jpgファブリック451で買っていただいたスタンプで、色とりどりのアルファベット。手書きの文字も楽しい1ページ。

d0137603_1734965.jpgみんなで本を囲んでいるイラスト。4人揃って大きな本を開くのは楽しそうです。この本は「NEW TITLE」かな。


たぶん、つき山さんは想定していなかった使い方。
でも、できあがったモノはとても楽しくて、まさに世界にひとつの絵本になってしまっています。
プレゼントに本を渡すのにこんな方法があったのかと、読むだけじゃない本の楽しみ方。今回はYURIちゃんとSEIKOちゃんの二人に教えてもらって、オマケに楽しませてもらいました。


451ブックスの紹介ページ → 「NEW TITLE」
[PR]
by 451books | 2008-05-17 17:08 | アート・デザイン | Comments(3)

八十時間世界一周

d0137603_16442275.jpg「八十時間世界一周」というコンセプトから、ブックディレクトを行っています。
今回はCoMAでの仕事、ブログで紹介もしていただいています。

「八十日間世界一周」は、1873年に発表された小説。SFの父と称されるジューヌ・ベルヌの作品です。当時、不可能とされた80日で世界を一周するという物語。
19世紀のの鉄道、船、気球などを使って旅をするイギリス紳士とフランス人の従僕の物語です。ただ、ジューヌ・ベルヌが海外に出たのは後年のこと、この物語は机上の空想の産物でした。

今では、航空機を使えば、一週間もあれば不可能ではない世界一周。
今回は、机上の書物でノスタルジックな世界を巡る旅「八十時間世界一周」です。
[PR]
by 451books | 2008-05-15 19:17 | イベント・教室 | Comments(2)

Pinocchio(ピノキオ)

d0137603_20545242.jpg「サラ・ファネリの不思議な世界」展、いよいよ明日(5/11)まで。
決して大きな会場ではありませんが、展示でしか見ることができないサラの仕掛け。勝山まで見に行く価値があります。

写真の本は、サラのデザインによる「ピノキオ」です。

d0137603_2123642.jpgd0137603_2142476.jpg

この本、函入りのハードカバーですが、函から本を取り出していくと、
サラのイラストによるピノキオが登場してきます。
すると、ピノキオの鼻が、どんどん伸びてくる仕掛け。

d0137603_21362738.jpgd0137603_2181255.jpg

画面全体に表現されている生まれたばかりのピノキオと、
狐と猫、サラらしいコラージュとイラストのミックスされた、わるそうな風貌です。

d0137603_21124780.jpgサーカスのシーンはカラフルに、中央にテントを配した大胆な構図が目を引きます。

d0137603_2155611.jpg表紙を裏返してみると、
ピノキオだけでなく、狐や猫の鼻まで伸びてしまいます。


紹介したページはイラストのみで構成されていますが、全体を通してテキストをメインにしつつも、縦横無尽にサラがイラストやコラージュを散りばめたアートブックのような作りになっています。

残念ながら、この「ピノキオ(英語版)」は現在絶版です。
ココロザシのある出版社さん、サラの素敵なこの本、日本語版を出してみませんか。

451ブックスの紹介ページ → Pinocchio SARA FANELLI
[PR]
by 451books | 2008-05-10 21:47 | アート・デザイン | Comments(4)
d0137603_2315760.jpg今月のえほん探検きょうしつ「モーにうんてんさせないで」は、ハト探しを行う?予定です。

モー・ウィレムズの絵本の登場動物(人物)たちは、とても可笑しい、もとい楽しいキャラクターを与えられていますが、ハト(Pigeon)を探すと、その秘密に迫れたりするかもと、根性入れてテキストを作っています。
まだまだ日本では無名のモー・ウィレムズ。まだまだ英語と格闘中です。


CAFE Zにて、今週の金曜日(5/9)と第4金曜日(5/23)、えほん探検きょうしつ第3回「モーにうんてんさせないで」が、行われます。
[PR]
by 451books | 2008-05-07 00:48 | イベント・教室 | Comments(6)
d0137603_13573933.jpg5/11(日)まで、勝山文化往来館ひしおホールにて、「サラ・ファネリの不思議な世界」展が開催されています。

451ブックスもさっそくお伺いしたのですが、展示されている作品の数々の楽しさに、圧倒されてきました。
写真の絵本は、彼女の絵本のひとつ、DOG'S LIFE(イヌのすべて)です。
日本語版も英語版(米国版と英国版があります)も絶版にて入手困難なのがとても残念ですが、451ブックスに辿り着いたのが写真の2冊です。


d0137603_1485866.jpgカラフルな色遣いに、手描きのフォント、イラスト、コラージュを組み合わせたページ構成が楽しい絵本です。


d0137603_14143257.jpg眼の部分だけを切り抜いた独特のコラージュが、人にもイヌにも使われています。


d0137603_14162160.jpgイヌの好物風の骨(チェック模様!)が、しおりになって付いています。


d0137603_14174374.jpg表裏の見返しには、モノクロ写真を切り抜いたような不思議な紙片が8個ほど付いています。広げて裏返してみると・・・


d0137603_14271425.jpg



451ブックスの紹介ページ → イヌのすべて(日本語版)
               DOG'S LIFE (英国版)
               DOGGY BOOK (米国版)
[PR]
by 451books | 2008-05-04 14:36 | 絵本・児童書 | Comments(2)