古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

カテゴリ:絵本・児童書( 71 )

d0137603_1730960.jpg

今年もpieniでの教室「本を読む、考える」が始まります。

第11回(3/27(金)19:30〜)は、
「世界を信じるためのメソッド」をテキストに、
世界の、そして日本のメディア・リテラシーを考えます。

ジャーナリスト志望だったナチスのゲッペルス:
「戦争を起こすのは簡単。メディアを使って、他国の脅威を煽り自国の平和主義者を非国民と非難すればいいのだから」。
最初はユダヤ人迫害に反対していたドイツの国民は、メディアの融合、迎合で、惨劇へと突き進んでいった。

オウム事件や、数々の冤罪事件。終わらないテロ、各地の紛争。
企業の犯罪や、原発問題。
テレビを筆頭に、インターネットや雜誌、ラジオ、書物など、
森達也さんの書籍を中心に、マスメディアとの接し方、情報の受け取り方について考えます。


教室名 本を読む。考える。 11
「世界を信じるためのメソッド」をテキストに、世界と日本のメディア・リテラシーを考える。
講師 451ブックス 根木慶太郎
時間 3月27日(金)19:30〜21:30
場所 pieni..(申込先はこちら
  岡山市出石町1-8-1 1F
  tel: 086-231-6420
  開催数 全1回
  受講料 2,000円


  
  
  
   
[PR]
by 451books | 2015-03-20 17:37 | 絵本・児童書 | Comments(0)
d0137603_19213575.jpg
451ブックスに、ほるぷ出版から手紙と絵本が届きました。絵本は「なみにきをつけて、シャーリー(日本語版)」。451ブックスが最も好きな絵本の一つです。

手紙を読む前から内容はわかっていました。「大人のための絵本講座」のバーニンガムをテーマにした回に参加した方なら知っている誤訳の件。
そう、新訳版が届いたのです。

手紙には、「ご指摘いただきました『なみにきをつけて、シャーリー』につきまして、重版にて修正いたしましたのでご報告させていただきます(一部略)。」と書かれていました。

d0137603_19214660.jpg
変更されたのは1ページ、2行のみ。
でも、シャーリーにとって大事な一節が今回修正され、物語が矛盾なく楽しめるようになりました。

「絵本は、絵を読むもの」ということを、知らしめてくれる貴重なエピソード。
経緯は、451ブックスオリジナルの「深読み なみにきをつけて、シャーリー」でも説明しています。

新しくなった「なみにきをつけて、シャーリー」。ジョン・バーニンガムのこの絵本が今回の重版を機会に、よりたくさんの人に、より楽しんでもらえるのではと思っています。


451ブックスの紹介ページ →「深読み なみにきをつけて、シャーリー
   
   
   
[PR]
by 451books | 2014-06-06 20:35 | 絵本・児童書 | Comments(0)
d0137603_22133060.jpg
来週、8/29(木)19:30〜は、
「本を読む、考える」の第5回。

新刊「旅の絵本8 日本編」も出て、
今でも絵本の世界で活躍されている
安野光雅さんの絵本を取り上げます。



d0137603_22135917.jpg
あがってもあがっても下へいく階段。
どうしてもさかさまに歩いてしまう横断歩道。
そんなふしぎな世界が繰り広げられる絵本「ふしぎなえ」。

安野光雅さんの不思議な絵本の数々を読みながら、
人の目の不思議について、考えます。


d0137603_22141677.jpg
その安野光雅が絵本作家になる前、
1965年に出版されていた「たのしい木彫」。

手芸文庫の1冊として、
家庭で出来る木彫り細工の入門書ですが、
安野さんしか出来ない世界が広がっています。


d0137603_22143516.jpg
これは、木製で作った本の函。
安野光雅邸の表札や、木彫のスプーン(もち手の部分が・・・)、コースター、レコードケース、状差し等々、紹介している作品も多く、手間も時間もかかった1冊です。





 教室名 本を読む。考える。 5
     「絵本で目の不思議を考える。」
 講師  451ブックス 根木慶太郎
 時間 7月29日(木)19:30〜21:30
 場所  pieni..(お申し込み先はこちら
   岡山市出石町1-8-1 1F
   tel: 086-231-6420
   開催数 全1回
   受講料 2,000円






[PR]
by 451books | 2013-08-19 22:29 | 絵本・児童書 | Comments(0)
d0137603_20385561.jpg
451ブックス、オススメ本のひとつ、オスカー・ブルニフィエの「子ども哲学」シリーズ。
「いっしょにいきるってなに?」
「人生ってなに?」
「知るってなに?」

子どものために書かれた哲学の本だけど、
考えることの大切さを教えてくれる、
大人こそ読んで欲しい本です。


d0137603_20444269.jpg
全7冊からなる「子ども哲学シリーズ」の監修をした重松清が、
そのひとつひとつの巻末に小さな小冊子として「おまけの話」をつけていました。

わかりやすく哲学の世界へ導いてくれるオスカー・ブルニフィエのテキストに、
より日本の社会や生活に寄り添った物語としての「おまけの話」です。


d0137603_213196.jpg
7編のおまけの話に一話を足し、
ミロコマチコさんの挿絵をつけて
「きみの町で」として出版されました。


d0137603_2161168.jpg
 
小さな小さなお話を、
ミロコマチコさんの
絵の助けを借りて、
1冊の本に
編んでもらいました。
すごくうれしいです。
小さなお話でも、
深い問いかけを
込めたつもりです。


d0137603_2164542.jpg
きみの町と、
きみに思いを寄せてほしい
遠くの町のお話とを
組み合わせてみました。
ゆっくり読んで
いただければ、
と願っています。


重松清


d0137603_2171376.jpg

451ブックスの紹介ページ
 →「きみの町で




 
  
  
[PR]
by 451books | 2013-07-25 21:16 | 絵本・児童書 | Comments(0)

旅の絵本 日本編

d0137603_2010596.jpg
安野光雅さんの「旅の絵本」、
第8巻となる新作が451ブックスにやってきました。

ヨーロッパから始まり、
アメリカを経由し、
中国まで来ていた旅人が、
日本にたどり着きました。





d0137603_20111958.jpg
日本の昔話の登場人物とか、たくさん出てくるかなと思いつつ、端から端までみる楽しみも健在ですが、
今回は、古き良き日本を描くことが中心になっているようで、どの場面でも、生き生きとしている子どもたちや、日本らしい暮らしの様子を垣間見ることが出来るようになっています。

写真の校舎は、小豆島、二十四の瞳の舞台になった小学校のようです。




d0137603_201140100.jpg
もう一つのテーマが、311に置ける国難についてです。
政治家や、企業家などとは違う安野さんのメッセージが絵に込められています。

陸前高田の一本松が中央に見えます。

あとがきには、「使用済み核燃料」のこと。
本当の「国難」とは何かを思い、これから先の日本が幸せであることを願う安野さんのメッセージがつづられています。


     451ブックスの紹介ページ → 旅の絵本 8 日本編
  
   
  
[PR]
by 451books | 2013-06-19 20:48 | 絵本・児童書 | Comments(0)

オセアノ号、海へ!

d0137603_2172048.jpg
美しくて楽しい、メッセージのあるPOP-UP(飛び出す絵本)「ナマケモノのいる森で(Wake Up Sloth!)」の新作が451ブックスにやって来ました。

タイトルは「オセアノ号、海へ!」
前作は森を舞台に、ナマケモノが活躍?するお話でしたが、今回はオセアノ号が世界中の海を旅するお話です。




d0137603_2173117.jpg
前作同様、POP-UPにしては少し小さめの細長い版型。
ページを開くと、さっそく海が広がります。

美しい青色と、小さな船たちが海と対比して、その大きさや自然を感じさせるシンプルで透明感のある色彩です。



d0137603_2174169.jpg
ページをもっと開くと、海の下が現れてきます。

漁をしている風景だったり、海底に沈んだ自転車やビン、タイヤなど人が出したゴミもあります。
澄んだ海にはクジラの親子や、ウミガメ。
北極海では、氷山の下の様子までわかります。
夜の海や、サンゴ礁の海。

海と自然、人との関わりも考えさせれられる、美しい絵本です。



 451ブックスの紹介ページ → 「オセアノ号、海へ!




[PR]
by 451books | 2013-06-14 21:22 | 絵本・児童書 | Comments(0)
d0137603_1744596.jpg
長らくの間、絶版状態になり入手困難だった、小林敏也さんの画本宮沢賢治「銀河鉄道の夜」が451ブックスにやって来ました。

今回は、USEDではなく、新刊書籍としての入荷です。


d0137603_17442728.jpg
宮沢賢治の代表作を、版画家小林敏也さんが画本としてまとめた力作です。

通常の4色印刷(CMYK)とは異なり、少ない色数(特色)で印刷されおり、ていねいに選ばれた色が独特の世界を創り、他の本にはない世界を生み出しています。



d0137603_1744467.jpg
小林敏也さんの、宮沢賢治の作品に対する思い入れの伝わる画本。

未完成に終わった「銀河鉄道の夜」を、彼の絵で完成させたものかもしれません。

いろんな解釈や、思いを全て受け止め、さらに広げてくれるような作品です。



d0137603_1745177.jpg
今回、画本宮沢賢治シリーズが「銀河鉄道の夜」以外にもいくつか入荷しています。

生成りのような紙に白インクで印刷された「オツベルと象」や、星空の美しい「シグナルとシグナレス」。フクシマを予感させるような「蛙の消滅」、その他。

また「雨ニモマケズ」や、「注文の多い料理店」も好学社から近々再版される予定です。



 451ブックスの紹介ページ → 画本宮沢賢治シリーズ
  
  
  
  
[PR]
by 451books | 2013-05-23 18:10 | 絵本・児童書 | Comments(0)
d0137603_2383447.jpg
同じ絵本が2冊?

長谷川義史さんの同じ絵が2枚並んでいるように見えますが、上と下、別々の絵本です。
よく見ると、お母さんの髪型が微妙に変わり、米櫃から炊飯ジャー、猫には子猫が・・・。
下の絵本から、上の絵本へ3年の年月が流れています。


d0137603_2374956.jpg
今回紹介する絵本は、長谷川義史の「おかあちゃんがつくったる」。
「てんごくのおとうちゃん」の3年後の話です。
小学3年の時に父親を亡くした長谷川さんの経験、今でも記憶しているお父さんの思い出を絵本にした作品でした。
一見おおらかに描かれているように見えるけど、背景や小さいところまで綿密に描かれ、裏表紙や見返しまでおとうちゃんへの思いがあふれていました。


d0137603_23252046.jpg
「おかあちゃんがつくったる」は、女手ひとつで子供たちを育てるおかあちゃんの話です。ミシンでなんでも作ってしまうおかあちゃん。ジーパンも体操服もカバンも作ってくれるけど、なんかヘン。
そんな不満を、おかあちゃんにぶつけてしまった義史くん。
父兄参観日に見たものは・・・。

今回は、かっこいいおかあちゃんに会える絵本です。


451ブックスの紹介ページ → 「おかあちゃんがつくったる
 
 
 
[PR]
by 451books | 2012-05-23 23:35 | 絵本・児童書 | Comments(0)
d0137603_1029149.jpg
1995年に776部限定で発行された、エドワード・ゴーリーのタロットカードが復刻再版されました。
タロットカードといってもゴーリーがつくるもの、彼の世界がそのままカードになっています。

「The Fantod Pack」と名付けられたカードたち。
Fantodの意味は、いらいらした(落ち着かない)状態のこと。
このカードで占うと、どうやらそんな気持ちになるらしい。



d0137603_10293095.jpg
特製の紙箱(約8cm×13.5cm×1.9cm)に20枚のカード(6.3cm×12cm)が入って、解説書(英語)が付属しています。
すべてゴーリー作のモノクロのイラストが描かれ、カードの名前もつけられています。

タロットカードは、本来78枚ですが、ゴーリーのカードは20枚。
解説書には、彼のカードの遊び方が書かれています。




d0137603_10295650.jpg
まず、十時に並べます。
いちまいいちまい捲っていく訳ですが、
それぞれの場所が、
過去や周りの世界、内なるもの、現在を表し、
下のカードが未来を示しています。



d0137603_10302225.jpg
解説書にそれぞれのカードの意味が書かれています。
解説してくれてるのは、Madame Groeda Weyrdさん。
よく見ると、Edward Goreyの並べ替え(アナグラム)です。

その意味は、忍び寄る欠陥、ものもらい、若さの喪失、憤慨、執着、脱毛症、妨害、誤算、等々、悲惨で絶望的な言葉ばかり。
何を占うものか、さて、ゴーリーの世界です。



d0137603_1030469.jpg
今回、英語版のため、
451ブックスで、翻訳の手引きを作りました。
簡単な占い方と、それぞれのカードの意味を説明しています。

カードと同じサイズに折り畳んだ1枚もの。紙箱にそのまま入ります。
ゴーリーの世界を楽しむ手助けになればと、ご購入の方にお付けしています。

451ブックスの紹介ページ →
   「The Fantod Pack
[PR]
by 451books | 2012-01-07 11:15 | 絵本・児童書 | Comments(0)

タンタンの冒険

d0137603_22211975.jpg
12/1から公開中の「タンタンの冒険」。
キャラクターグッズとしてのとても人気のあるタンタンとスノーウィ。
映画は、原作のイメージを残しつつ、エンターテイメントな作品になっていました。
いままでグッズでしか知らなかった世界を、今回の映画で知ってもらえるとうれしいなと思いつつ、
やっぱり、タンタンは原作のコミック(バンドデシネ:フランス独自のコミック形式)を読んでもらいたいとおもっている451ブックスには、そのきっかけになってくれると嬉しいなと思ってます。
写真は、映画でも登場した砂漠での一シーン。


d0137603_22193588.jpg
写真のボックスセットは、タンタン24作を8冊にまとめて、コンパクトにした日本限定3000部の特別版。
ケースも装丁も美しく価格は21,000円だけど、
オリジナルのハードカバーを24冊集めると4万円を超えてしまうので、大きさにこだわらなければとてもお買い得。


d0137603_22201729.jpg
海外旅行で飛行機に乗っていると、男の子たちがちいさなタンタンの本を持っているのを何度かみかけ、英語圏やフランス語圏では、日本と違って物語としてタンタンが人気あるのだなあと感じていましたが、その男の子たちが持っていたのが、今回日本では限定版として発売された限定セットと同じ判型のものです。

男の子のいる家庭に必ず一冊、タンタングッズが大好きだけど、物語を読んだこの無い方に持っていてもらいたい今回の限定セットです。


451ブックスの紹介ページ → 「タンタンの冒険 限定版コレクターズBOX





[PR]
by 451books | 2011-12-09 22:41 | 絵本・児童書 | Comments(0)