古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books
7/14(金)の「大人のための絵本講座2017」第3回は、ジェームス・マシュー・バリーの「ピーターパン」をとりあげます。

原作の小説だけでなく、ディズニーの映画としても多くの人に知られている物語。
絵本や童話としても、関連書籍を含め数多く出版され、後の児童文学を初め、アニメーションや演劇、エンターテイメントにとどもらず、今でも世界に影響を与え続けています。
今回の絵本講座は、「ピーターパン」誕生の秘密から、ロンドンに暮らしていたジェームス・マシュー・バリーの作家としての足跡や人生についても取り上げます。
今でも多くの人の心を捉えて離さない「ピーターパン」と、彼の生み出した物語と創作について考えます。

d0137603_10454629.jpg


      教室名 「大人のための絵本講座2017」
      会場・申込先  CAFE Z
      岡山市浜野2-1-35  
      TEL 086-263-8988(要予約)
      日時  7/14(金)19:00〜20:30
      受講料 1回1,600円(お茶とクッキー付)
  


[PR]
# by 451books | 2017-07-07 10:47 | イベント・教室 | Comments(0)
d0137603_13015186.png6/29(木)は、
本を読む。考える。19「バナナのはなし」at pieni..を開催します。

バナナを初めて食べたのはいつなのか、記憶にない。
昔、高価な食べものでなかなか手に入れられなかったと聞いても、当たり前にあったバナナ。
バナナ味を認識したのは、LOOKチョコレートだったような気もするけど、どうだったんだろう。
今のバナナと違って、もっと甘くて美味しかったという話もあり、バナナ1本食べれば栄養満点とも。
そんなバナナを巡る風説から、絵本「バナナのはなし」をテキストに、歴史、科学的な話や、地理、経済まで、あらためてバナナについて考えます。


本を読むことは、考えること。
451ブックスは、本を、読んだり見たり感じるだけでなく、考えて欲しいと思っています。
考えることが楽くなる本、考える切っ掛けとなる本を囲んで、作家と本と世界を紹介していきます。シリーズとして開催していますが、1回のみの参加でも楽しめます。

 講師 451ブックス 根木慶太郎
 時間 6月29日(木)19:30~21:30
 会場・申込先はこちら
 pieni.. ecole +cafe ピエニ 小さな学校とカフェ
 岡山市出石町1-8-1 1F
 tel: 086-231-6420
 開催数 全1回  受講料 2,000円


[PR]
# by 451books | 2017-06-17 13:06 | イベント・教室 | Comments(0)
来月、5/12(金)の「大人のための絵本講座2017」第2回は、アーノルド・ローベルの「ふたりはともだち」をとりあげます。

小学生向けの教科書にも掲載され、子どもたちに愛される「ふたりはともだち」の物語。
登場する「かえるくん」と「がまくん」はぬいぐるみやグッズにもなり多くの人に愛されています。
今回の絵本講座は、「ふたりはともだち」誕生の秘密から、ロサンゼルス生まれのアーノルド・ローベルが物語を生み出す仕組みを取り上げます。
53年間の彼の生涯を辿りながら、多くの人の心を捉えて離さない「ふたりはともだち」と、彼の生み出した絵本について考えます。

d0137603_13511459.jpg










      教室名 「大人のための絵本講座2016」
      会場・申込先  CAFE Z
      岡山市浜野2-1-35  
      TEL 086-263-8988(要予約)
      日時  5/12(金)19:00〜20:30
      受講料 1回1,600円(お茶とクッキー付)
  










[PR]
# by 451books | 2017-04-27 14:24 | イベント・教室 | Comments(0)
3/30(木)19:30〜は、
「本を読む、考える」at pieni..の第18回。

本を読む。考える。本を読む。考える。 18
「神の国と、夢の国から考える。」後編 ディズニーランドを解剖する。
※前編 伊勢神宮を解剖する。の続きですが、後編だけでも楽しめます。

d0137603_12283774.jpg

アメリカ人にとってだけではなく、今では世界中に知らない人のいないとさえ思えるようなディズニー。
日本人の心のふるさととも言われ、2000年の歴史もあると言われる伊勢神宮。
1955年にアメリカでオープンし、日本でも33年の歴史をもつディズニーランド。
まったく関係のないように思える2つの施設は、今なお多くの人を惹きつける存在です。
書物やガイドを中心に、アメリカ人の精神と倫理、建築と演出、経済と消費、そして日本人について考えます。


 教室名 本を読む。考える。 18
「神の国と、夢の国から考える。」後編 ディズニーランドを解剖する。
 講師  451ブックス 根木慶太郎
 時間 3月30日(木)19:30〜21:30
 場所  pieni..(お申し込み先はこちら
   岡山市出石町1-8-1 1F
   tel: 086-231-6420
   開催数 全1回
   受講料 2,000円
[PR]
# by 451books | 2017-03-22 12:34 | イベント・教室 | Comments(0)
「大人のための絵本講座2017」を、3月3日(金)より開講します。

d0137603_10572131.png

絵本の講座ですが、読み聞かせをしない451ブックスの絵本講座。
大人だからこそ楽しめる、深くて広い絵本の世界を紹介します。

今年の絵本講座は、絵本以外にも、過去から現在まで多くの方に愛されてきた児童文学のいくつかを登場します。

初回は、サン=テグジュペリの「星の王子さま」。
象を飲み込んだウワバミや、ヒツジの入った箱。4つの刺のあるわがままなバラ、砂漠のキツネ、フェネックなど、登場する魅力的なキャラクター。親しみやすいイラストに比べて、難解なストーリー。
サン=テグジュペリの生涯を辿りながら「The Little Prince」に込められた思いを探ります。

第1回 3月3日(金)
  アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリ「星の王子さま」

第2回 5月12日(金)
  アーノルド・ローベル「ふたりはともだち」

第3回 7月14日(金)
  ジェームス・マシュー・バリー「ピーターパン」

第4回 9月9日(金)
  エズラ・ジャック・キーツ「ゆきのひ」

第5回11月17日(金)
  ルイス・キャロル「不思議の国のアリス」

 教室名 「大人のための絵本講座2017」

 会場・申込先  CAFE Z
    岡山市浜野2-1-35 
    TEL 086-263-8988

 時間  19:00〜20:30
 受講料 1回1,600円 (お茶とクッキー付)

 内容  大人のための絵本講座です。
    それぞれの作家の経歴を紹介し、
    絵本に隠された秘密と、
    楽しさの秘密を探っていきます。

※5回のうち1回のみでの参加も可能です。
 
 


    
[PR]
# by 451books | 2017-02-15 11:14 | イベント・教室 | Comments(0)
d0137603_16504028.jpg昨年開催した「選挙のしくみ」の第2弾「おべんきょう会 死刑のしくみ」を開催します。
2月13日(月)19:30〜、場所はゲストハウス「KAMP」(岡山市北区奉還町)です。

「死刑」と聞くと恐ろしいものと感じてしまいますが、今回の教室では、警察、検察、司法制度、憲法など、死刑を支える仕組みから、いろいろと考えてみたいと思います。
日本人のほとんどが、死刑制度に「賛成」という統計もある一方、冤罪事件が毎年のように報道され、残虐な事件に驚き、検察や司法制度への不信も聞かれます。
ふだん関係ないと思っていた「死刑制度」。実は、自分達の生活や考え方に深く関わっていることに気付いてもらえればと思っています。

関連する書物も多く出版され、昨年は覆面本、文庫X「殺人犯はそこにいる」が話題になりました。
「賛成」「反対」の意見や根拠、関連する本なども紹介しつつ、
「死刑制度」を支える市井の人々の意識についても考えていくきっかけを作りたいと思っています。


教室名 おべんきょう会 死刑のしくみ at KAMP
日時 2017年2月13日(月)19:30〜21:30(19:00〜open)
1drink+mini sweets or snack
会場 ゲストハウス「KAMP(キャンプ)」CAFE & LOUNGE
岡山市北区奉還町3-1-35
予約・お問い合わせ
TEL 086-254-1611

d0137603_17110420.jpg
[PR]
# by 451books | 2017-02-02 17:18 | イベント・教室 | Comments(0)
11/11(金)の「大人のための絵本講座2016」第5回は、今年度最終回。
誰もが読んだことのある絵本、
バージニア・リー・バートンの「ちいさいおうち」をとりあげます。


d0137603_9543671.jpg



アメリカの絵本作家、バージニア・リー・バートン。
デザイナーや画家として、地域活動でも精力的に力を注いだバージニアの人生と、絵本黎明期のアメリカについて考えていきます。
今回も大人にこそ読んで欲しい、奥深い楽しみのある彼女の絵本を紹介します。

※ 今年の講座は、いままでの教室のなかから、好評だったものを選んで開催しています。

      教室名 「大人のための絵本講座2016」
      会場・申込先  CAFE Z
      岡山市浜野2-1-35  
      TEL 086-263-8988(要予約)
      日時  11/11 (金)19:00〜20:30
      受講料 1回1,600円(お茶とクッキー付)
  
  
  
  
[PR]
# by 451books | 2016-10-31 10:00 | イベント・教室 | Comments(0)
10/20(木)19:30〜は、
「本を読む、考える」at pieni..の第17回。

本を読む。考える。本を読む。考える。 17
「神の国と、夢の国から考える。」前編 伊勢神宮を解剖する。
※後編 ディズニーランドは後日開催します。(どちらかだけの参加も可能です)

日本人の心のふるさととも言われ、2000年の歴史もあると言われる伊勢神宮。
1955年にアメリカでオープンし、日本でも33年の歴史をもつディズニーランド。
まったく関係のないように思える2つの施設は、今なお多くの人を惹きつける存在です。
書物やガイドを中心に、日本人の精神と倫理、建築と演出、経済と消費について考えます。

d0137603_2148676.jpg


 教室名 本を読む。考える。 17
「神の国と、夢の国から考える。」前編 伊勢神宮を解剖する。
 講師  451ブックス 根木慶太郎
 時間 10月20日(木)19:30〜21:30
 場所  pieni..(お申し込み先はこちら
   岡山市出石町1-8-1 1F
   tel: 086-231-6420
   開催数 全1回
   受講料 2,000円
   
  
  
  
[PR]
# by 451books | 2016-10-13 21:50 | イベント・教室 | Comments(0)
来週、9/9(金)の「大人のための絵本講座2016」第4回は、
ピーター・シスの「かべ~鉄のカーテンのむこうに育って」をとりあげます。
d0137603_16584934.jpg



アメリカの絵本作家、ピーター・シス。
チェコで生まれ、ソ連の支配下で育ったピーター・シスは、ロサンゼルスオリンピックの準備で訪れたアメリカで亡命します。
青年期の憧れだった西側世界、アメリカで絵本作家として確固たる地位を築いた彼の作品を読み解きながら、彼のメッセージを探ります。

個性的なイラストと緻密な描き込み。独特の世界観を持つ彼の世界。
大人にこそ読んで欲しい、奥深い楽しみのある絵本の数々を、紹介していきます。

※ 今年の講座は、いままでの教室のなかから、好評だったものを選んで開催しています。

      教室名 「大人のための絵本講座2016」
      会場・申込先  CAFE Z
      岡山市浜野2-1-35  
      TEL 086-263-8988(要予約)
      日時  9/9(金)19:00〜20:30
      受講料 1回1,600円(お茶とクッキー付)
  
  
  
  
[PR]
# by 451books | 2016-09-02 17:06 | イベント・教室 | Comments(0)
来週、7/8(金)の「大人のための絵本講座2016」第3回は、
ジョン・バーニンガムの「なみにきをつけて、シャーリー」をとりあげます。
    
  
d0137603_1123160.jpg
 
 
イギリスの絵本作家、ジョン・バーニンガムは、個性的なイラストと驚きのあるストーリーで、今も楽しませる絵本を送り出してくれています。

今回取り上げる 「なみにきをつけて、シャーリー」は彼の代表作のひとつですが、大人にこそ読んでもらいたい内容を持つ素敵な絵本です。写真の2冊は、同じものを並べたようですが、実は大きな違いがあります。

そんな、ジョン・バーニンガムの絵本の秘密を紐解きながら、彼の広くて深い絵本の世界を探検します。

※ 今年の講座は、いままでの教室のなかから、好評だったものを選んで開催しています。

      教室名 「大人のための絵本講座2016」
      会場・申込先  CAFE Z
      岡山市浜野2-1-35  
      TEL 086-263-8988(要予約)
      日時  7/8(金)19:00〜20:30
      受講料 1回1,600円(お茶とクッキー付)
  
  
  
  
[PR]
# by 451books | 2016-06-29 11:06 | イベント・教室 | Comments(0)