古書と洋書と新刊書籍の店


by 451books

江田さんのガラスと吉田さんの万華鏡

d0137603_12465485.jpg1/25(日)まで開催中の江田昭裕|ガラス展”華のある生活”に行ってきました。
いつも素敵なバナーワークを見せてくれる江田さんの作品。今回は、万華鏡の吉田さん、木工作家の小林さんとのコラボ作品も展示されています。

写真はその吉田真さんとのコラボ、江田さんのガラスを使った、見た目ハンマーのような万華鏡です。


d0137603_1247306.jpgハンマーでいう持ち手の部分が鏡が仕組まれている部分、鉄の部分にビーカーのようなガラス容器が仕込まれていて、中には江田さんのガラスとジェルが入っています。

ガラス容器を上下、回転させると万華鏡の景色が変化していく仕組みです。


d0137603_12475972.jpg覗く部分から撮った写真がこれ。(実物はもっと綺麗です)
360度展開される鏡の中の世界は、パリのノートルダム大聖堂のようなゴシック様式の教会にある薔薇窓のステンドグラスを思い起こさせます。

もちろん、教会の神聖さにはかなわないのだけど、自分の眼で覗く、ジェルとガラスが入ってくる光に反射して、動きに合わせて少しずつ形や色合いを変えていく世界が、神聖さを超えたこの世でないような感覚を与えてくれます。


今回の江田さんの展示、オススメです。
[PR]
Commented by Pico at 2009-01-21 12:34 x
こういう写真が撮りたかったんです!さすが!
万華鏡、いいですよね。トリップしてしまいますよね〜。
Commented by 451books at 2009-01-22 00:10
Picoさま
それなりにがんばって、綺麗に撮れたような気もしますが、
(さすがと言われると照れますが)
実物の感動をそのまま伝えるのは、なかなか難しいものです。
そう、トリップ感ですよね。
サイケって万華鏡から来てるかも。
by 451books | 2009-01-18 13:24 | アート・デザイン | Comments(2)